人口減少に悩む自治体と医療機関

人口減少に悩む自治体と医療機関

人口減少に向っている日本、その中で病院経営をどうすべきかと悩む時代になって来ています。
1990年には1万を超えてあったとされる病院ですが、現在ではその数も8400ほどになってしまっています。
毎年60以上の病院が閉鎖や閉院することになっており、今後そのスピードは更に増すと予想されてもいます。
また病院と言う医療機関を存続させるにも、赤字となっている医療機関も多く、経営が非常に難しくなっている状態です。
そんな時、登場したものに地域包括ケア病棟があります。
この病棟を開設した医療機関は、今のところ実績を上げていると言われますが、長期に渡っての実績を見る時期に至らず、今後の姿に注目が浴びることになりました。
また大きな医療機関などは、自治体や行政の思惑を知りながらも、独自の道を行くところも出て来ています。
今、人口減少と超が就くほどの高齢化社会になったことからの対策が遅れたことが、残る病院と閉める病院との差にもなっているのかも知れません。

歯の健康をしっかりサポートする北習志野L歯科クリニック

ミクロの世界まで歯科治療を行う狛江のガクデンタル
肉眼だけでは見えないものもしっかり治療します

セカンドオピニオンに対応した池袋の矯正歯科

最新投稿

  • 日本の医療問題と将来性に関して

    日本の医療の課題と言えるのが、予防医療ではないでしょうか。
    病気になった場合の治療方法は確立さ …

    続きを読む...

  • 産婦人科の医師が少ないと言われる理由

    医療の現場の声として、小児科と産婦人科の減少が厳しく、現状でも大変と言う声が聞こえて来ます。

    続きを読む...

  • 医療サービスをきちんと選択するとは

    医療サービスをきちんと選択することが重要なポイントとなっています。
    なぜなら現在では、セカンド …

    続きを読む...